熊谷うちわ祭りの日程、混雑具合は?注意点もあり!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

毎年7月20日~22日の3日間。熊谷で行われます。

情報源では12基の山車・屋台が巡行する豪華絢爛な祭りとありますが、自分は内輪を貰える祭りという認識ですね。埼玉りそな銀行の隣で巫女さんが内輪を配っています。学生の頃は、バイトの帰りによくこの内輪を貰って帰りました。

熊谷駅北口俗にいう17号と川を挟んでの小道に露天がならび、秩父線上熊谷駅や八木橋のあたりまで屋台が並びます。

夕方よりやはり夜が雰囲気あります。提灯がともる頃、年に一回の祭りともあって熊谷自体もかなりこの祭りには力入れてます。熊谷はどちらかというと観光産業ではなく、ベットタウンとか工場が多い街なんですが、あとは暑いので有名という街で祭りも花火大会とこの内輪祭りに力を入れているという感じです。

交通手段は?

下車する駅はJR熊谷駅でもいいのですが、秩父線の上熊谷駅からでも祭りは楽しめます。

自分はアルバイト先が上熊谷駅でしたので、帰りによっていつも帰っていました。

実はこの祭り初日はあまり盛況ではないんですが、本番は2日目3日目の方が盛り上がります。

初日にはいかない方がいいですね。一度それで失敗した事があります。出店も出てなくて結局翌日行ったように記憶しています。初日にいくと面白くありません。

車で来るのは避けた方がいいです。17号沿いには有料駐車場はあるんですが、そもそも数が少ないです。正直熊谷市自体が有料駐車場が少ないのです。平たくいうと田舎町です。八木橋あたりまで17号線は通行止めになります。

つまりこの周辺での駐車場は使えないと思います。サティーが暫くしてできましたが、おそらくこの駐車場もすぐいっぱいになってしまいます。そういう訳でJRでの訪れがいいと思います。

以外にJRは空いてます。ただし秩父線は結構混みます。秩父夜祭の時もこの日とばかりに混みますが、この祭りも結構混みますね。自分は高校前半まで花園町にいましたので結構大変でした。

秩父線に乗ると、太鼓の練習する音が上熊谷の駅から漏れ聞こえ時期てきに梅雨が終わりを告げます。そうすると私達はああ夏が来たんだなと実感するんです。夏の訪れと内輪祭りは私達にとっては貴重なイベントと言えます。祭り自体はかなり本格的な祭りです。

それと商店街も祭りに合わせて色々メニューを考えてくるので、店によっては普段食べられないものを出している所もあったと記憶しています。八木橋も便乗して色々やっていますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする