どうして6月の結婚は縁起が良いの?知られざるジューンブライドの意味

スポンサードリンク
スポンサードリンク

“6月の花嫁は幸せになれる”

…と聞いたことはありませんか?

今や、すっかり日本に定着した「ジューンブライド」という言葉。

私と主人が結婚式の日取りを決める際も、プランナーの方から

「6月の挙式は人気があるので、会場とドレスの確保が難しいですよ」

と言われました。

6月に式を挙げたいという人がたくさんいる証拠ですね。

さて、ではどうしてジューンブライドは縁起が良いと言われているのか、

理由まで正しく理解している人は案外少ないのではないでしょうか?

ジューンブライドの由来について、まとめました。

スポンサードサーチ

ジューンブライドの由来!最も有力な3つの説

[ad#co -1]

ジューンブライド意味

その① ギリシャ神話説

ギリシャ神話では、それぞれの月に守護神がいると言われています。

6月の守護神が、ヘラ。

ローマではユノ(Juno)と呼ばれるこの女神は、

英語で6月を表す「June」の語源でもあります。

ヘラはズバリ、結婚をつかさどる神様。

なるほど~、結婚をつかさどる神様が6月を守護しているから、

ジューンブライドは縁起が良いというわけですね。

たしかに、6月の結婚はなんだかヘラのご加護がありそうです♪

その② 天候説

6月のヨーロッパは、とってもいいお天気。

日本では梅雨まっさかりの時期ですが、

この頃のヨーロッパは雨が少なくさわやかなんです。

各地でさまざまな催しも開かれるそうで、

なんとなく開放的な気分になれる6月。

たしかに、自分が結婚式を挙げるなら晴れてほしい!

と思いますよね。

その③ 農閑期説

昔のヨーロッパでは、3月から5月にかけての時期がとても忙しく、

結婚式を挙げることが難しかったと言われています。

なぜなら……この時期は農作業があるから超多忙!

うーん、現実的(笑)

でも納得の理由ですね。

忙しい時期にわざわざ結婚式を挙げることはないですから。

そのため、農繁期を終えた6月に結婚しよう!というカップルが多く、

結果的にジューンブライドが定着したのではないか、と言われているんです。

ジューンブライドが日本に広まった理由とは?

[ad#co -1]

さて、ではこのジューンブライド、どうやって日本に広まったのでしょう?

ブライダル業界で取り入れられ始めたのは、1960年台後半。

高度経済成長期で日本がブイブイ言わせていた頃ですね。

当時のブライダル業界、およびホテル業界は頭を抱えていました。

梅雨の6月に結婚式を挙げる人が少ない…

ということに。

たしかに6月と言えば、カビは生えるわ 煎餅はしけるわという、

本来ならおよそ晴れの日に向かない時期です。

そんな売上が落ち込む時期を何とかすべく、業界は

「ジューンブライド」として6月の結婚式をアピールしました。

そしてこの目論見は大成功し、ジューンブライドが

日本のブライダル業界にじわじわと浸透していったというわけです。

おわりに

いかがでしたか?

「なんで梅雨の時期に結婚式を挙げるのに、縁起が良いんだろう?」

という疑問が解消されたのではないでしょうか。

そろそろプロポーズをと考えている方も、

結婚式を挙げる時期に悩んでいる方も、ぜひ参考にしてみてください♪

スポンサードリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする