説明できる?鏡餅の飾りの意味や由来とは!?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

お正月には鏡餅を飾る家庭も多いと思います。

子どもに、なぜ鏡餅を飾るの?と聞かれたら

説明できますか?

意外と知られていない鏡餅の由来や飾る意味を紹介します!!

スポンサードサーチ

鏡餅の由来とは?

鏡餅は、丸く平らで鏡の形に似ていることからこの名が付いたと

言われています。

現在の鏡の形は四角いものが多いですが、昔は円形のものが祭具として

用いられていたそうです。

お正月というのは、年神様が家に来て、それを迎える行事です。

この年神様は穀物神であり、昔はお米の出来具合で生死に関わっていた

ことから、新しい年の豊作を願って年神様をお正月にお迎えするように

なりました。

この年神様にその年の豊作をお祈りするお供え物として餅を供えていた

そうです。

お供えする餅は、その前の年に収穫されたもち米から作られており、

収穫できた感謝も込めてお持ちをお供えしていました。

この年神様は、新しい年の幸福や恵みとともに、私たちに魂を分けて

くださると考えられてきました。

家にいらした年神様は鏡餅によってきます。

すると鏡餅には年神様の「御霊」が宿ります。

この鏡餅の餅玉が、年神様の御霊であり、その年の魂となる

「年魂」です。

そして年魂をあらわす餅玉を、家長が家族に「御年玉」として

分け与えました。

これが現在の「お年玉」ですね。

[ad#co-1]

鏡餅の飾りにはどんな意味が込められているの?

まず鏡餅の飾り方を紹介します。

白木の三宝に半紙を敷き重ねた丸もちをのせ、その周りに

橙、裏白、昆布、ゆずり葉などと縁起物の海の幸、山の幸を

飾ります。

これは正式な飾り方で、ご家庭で飾る場合は

  • 三宝の上に半紙の端が三宝から垂れるように敷きます。
  • 裏白の葉の白い方を前に向けて乗せます。
  • その上にお餅を乗せます。
  • お餅の上に橙を乗せます。

橙はみかんで代用できます!

三宝がない場合はお盆でも大丈夫です!

飾りの意味を紹介していきますね^^

・橙

橙は、その年になった実を落とさずに次の年にも、また

次の年にも新しい実をつけます。

何代もの橙が1つの木についているところを家族にたとえ

家系代々の長寿や繁栄を願う縁起物として飾ります。

・扇

扇の形は末広がりに通じるとされ、末永く繁盛しますように

という願いが込められています。

・串柿

柿は縁起の良い長寿の木です。

幸せをかき集めるという意味があります。

・御幣

御幣の赤い色は、魔除けの意味があります。

また、白一色のものは、四手と呼ばれます。

四方に大きく手を広げ、繁盛するようにと願われています。

・海老

海老の姿になぞられて、腰が曲がるまで長生きするようにと

祈るものです。

・四方紅

四方を紅で縁取ることで、天地四方の神を拝し災いを払い、

一年の繁盛を祈願するものです。

・裏白

裏白は常緑樹のシダで、葉が左右対称に生えるので対になっている

ことから、夫婦円満を意味します。

・昆布

喜ぶの語呂合わせと「子生(こぶ)」子供が生まれるの意味があります。

鏡餅を飾らなかった家庭でも、来年のお正月には鏡餅を出してみては

いかがでしょうか^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする