窓ガラスが割れるのは寒さも関係あるの?突然割れることもあるので要注意!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

周りを見渡せばどこにでもあるガラス。

今住んでいる家にも窓ガラスがありますよね。

そんな身近なガラスですが、ある日突然割れていたら?

「何で割れているの?」 という謎のガラス割れが起こる可能性は結構高いんです。

勝手に割れていたら原因も分からず怖いですよね。

その中でも、寒さで割れてしまう場合について詳しくご紹介します。

「え?寒さでも割れるの?」と疑問に思いますが、可能性は十分にあるので、

自分には近い将来起こり得るのか注意しながら見てみましょう。

スポンサードサーチ

窓ガラスが割れる原因って?まずは様々な割れ方を知ろう!

ガラスといえば割れやすいもの。

でもガラスが割れる原因にはいくつかあります。

当然、飛来物によって強い衝撃が与えられると割れてしまうのですが、

「知らないうちに勝手に割れていた」 なんてこともあるんです。

天候や環境によっては、落雷で割れてしまったり、強い直射日光が続いて温度差による熱割れが起きたり、自然に左右されることもあります。

また、長年使っていれば、ガラスに傷やヒビが入って割れやすい状態になっているため、小さな衝撃でも割れてしまいます。

こんなに多くの原因があったなんて驚きですよね。

寒さで窓ガラスが割れるのはどんなとき?

あまり聞かない「寒さ」が原因で割れるとき。よく耳にしないことほど注意したいものです。

寒さで割れると聞くと、

「外と室内の温度差が関係してるんでしょ?」

と考えてしまいがちですが、実は降り積もった雪の重みで割れるケースも多いんです。

また、温度差でいうと特に車のガラスが割れることがあります。

寒い日にキンキンに冷えているフロントガラスって曇っていますよね?

そこに温風をあててしまうと、温度変化に弱いガラスは割れてしまいます。

自宅の窓ガラスでも、雪が降り積もる寒い日に、ガラス近くでヒーターやストーブなどの暖房器具を使っていると、知らず知らずのうちにガラスは傷んで割れやすくなっているかもしれません。

まとめ

もし割れてしまったら、大怪我にも繋がるガラスのヒビ割れ。

「知らなかった!」 では済まされないことも・・・。

そうなる前に、一度窓ガラスのチェックをして、傷んでいるところがないか確認しておきましょう。

異常があれば、専門の業者に直してもらって、事前に防げる対策をしましょう。

寒く、雪の降りやすい地域に住んでいたら、特に寒さで割れないように、日々の生活で注意しておきたいですね。

>> ガラス修理8,000円からできる詳細はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする