窓ガラスが熱割れしちゃった!放置してもいいの?対処法は?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ふと気づくと窓ガラスにヒビが入っている!

何にもしてないのにヒビが入っているのは「熱割れ」の原因が高いです。

でもそもそも「熱割れ」ってなんで起こるんでしょう?

考えたことありますか?

「熱割れ」の原因と放置しても大丈夫なのか?をご紹介します。

スポンサードサーチ

窓ガラスが熱割れする原因は?

窓ガラスといえば、普段光を取り込む手段として欠かせないものです。

そんな窓ガラスたちは、日々太陽の熱をずっと浴びていますよね。

「だってそれが役目なんだもの」

と思いがちですが、ガラスにも弱点があるんです。

日射を長時間受けていたら、当然温度が上がります。

でもそれはガラスの中央部分の話で、影の部分やサッシの部分というのは、低温のままで温度がそんなに上がらないんです。

この時、一枚のガラスの中では、高温と低温の温度差ができてしまいます。

高温部分のガラスは膨張する力が働きますが、周辺の低温部分は膨張するのを抑えようとします。

これによって、拘束されることに耐えられなくなってしまったガラスにはヒビが入ってしまうんです。

つまり「熱割れ」というんですね。

ガラスが割れるといっても、いきなりパリンッと割れるわけではないので、

そこは少し安心しました。

だからといって、安易に考えていると明日は我が身ですよね。

次に熱割れにの原因についてみてみましょう。

起こりやすい条件というものがあります。

一枚のガラスで温度差が激しいところが生じると、割れやすいのは分かりましたね。

他にも、ガラスの種類によっては、面積が大きく16~19㎜の厚みのあるガラス・サビやすい線の入った網入りガラス・小さな傷の入ったガラス・日陰になる模様が斜線状のガラスなど。

南向きのガラスや暖房器具の熱なんかも、熱割れの原因になっちゃうんです。

南向きは日当たり良くて、今まで気にしたこともありませんでしたが、危険なこともあるんですね・・・

頭に入れておくだけでも、カーテン選びから熱割れ対策として意識できそうです。

窓ガラスのヒビは放置してもいいの?

普段の生活であんまり気にしない窓ガラスですが、

「もし熱割れしちゃったら?」 「少しぐらいのヒビなら大丈夫?」

割れているのを見つけても、ガムテープで対応するだけの人もいますよね。

でも実は、たとえ小さなヒビでも、大きな危険が起こりうるんです。

ガラスって一枚の板ですよね?そこにヒビが入ることで、ガラス全体がもろくなってしまいます。

つまり、ヒビが入っていないところでも、何らかの衝撃が加わると、一気に割れてしまうということです。

「なんと恐ろしい!」

近くに人がいたら大怪我にもつながります。

その他にもヒビを放置していたことで、雨風にさらされているガラスは割れやすくなってしまうんです。

小さなヒビから見えない水分が入ってきて、悪くなりやすいんですね。

まとめ

窓ガラスのヒビはしっかり対策することが大事だと分かりました。

自分勝手に対処してしまいがちですが、専門のガラス修理の業者さんにお願いして、

危険のないようにすべきですね。

熱割れする原因を知ったことで、対策もできそうです。

まずは家の窓ガラスをチェックして、日当たりの強いガラスは斜線状の日陰がないか

暖房器具を近くに置いていないかすぐに出来ることをやってみましょう。

汚れている窓ガラスも、たまには掃除してチェックするだけでもいいかもしれません。

身近な存在だからこそ、普段から気を付けることで、楽しい日々を送りたいですね。

また、すぐに割れないからそのまま放置してもいいや、と思いがちですが、できれば早めにガラスの修理、交換をしましょう。

金網が入っていない防災ガラスもあるので、そちらに交換すれば見た目もよくなるので、一石二鳥ですね♪


>> ガラス修理8,000円からできる詳細はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする