なんで「梅雨」つゆって読むの?ちょっと面白い名前の由来

スポンサードリンク
スポンサードリンク

梅雨と書いて何と読みますか?

「ばいう」? 「つゆ」?

多くの人は「ばいう」と読むのではないでしょうか?

確かに、新聞の気象情報を文字で読む時や、ニュースで天気予報を

見ている時には「ばいう」と認識しますよね。

けれど、普段の生活では「つゆに入る」とか、「つゆが来た」とか

「つゆ」と言うのが習慣となっています。

なぜ梅雨と書いて「つゆ」と読むのでしょうか?

[ad#co-1]

スポンサードサーチ

梅雨という名前の由来とは?

六月から七月にかけて降る長雨のことを梅雨と言います。

日本、韓国、中国南部、台湾といった広範囲に渡る

東アジア特有の気象現象です。

もともと中国で梅が熟す時期に降る雨のことを梅雨と

言っていたのが日本に伝わって来たと言われています。

また中国語でカビのことを霉(※註釈)と言い、カビが生えやすい

時期の雨である霉雨(カビ雨)とも言われていたといいます。

中国語で霉(カビ)と梅の発音が同じことから、転じて梅雨になったとか。

梅雨という言葉が日本に伝わってきたのは江戸時代。

日本歳時記の中に梅雨を記述した歌があります。

此の月淫雨ふるこれを梅雨(つゆ)と名づく

 

この頃に梅雨を「つゆ」と読むようになったようです。

※註釈:文字化けしている場合は雨の下に毎という一文字

なぜ「つゆ」と読むのか

では、なぜ梅雨を「つゆ」と読むのでしょうか?

これには説が幾つかあって、

大気中の水分が冷えて物の表面についた『露』に由来し、

雨が降って露がよく溜まる

とか…

長雨で物が腐って形が崩れるという意味の古語

『ついえる』『ついゆ』が転じた

とか…

はっきりしたことは定かではありません。

「つゆ」と言われる前は何と言っていたの?

中国から伝わってきた梅雨を「つゆ」と読むようになったのは

江戸時代。

その以前は何と言われていたのでしょうか?

実は、五月雨(さみだれ)と言われていました。

ここで言う五月は旧暦の五月のことで、現代の六月頃になります。

旧暦五月に降る雨現代の六月頃に降る雨梅雨です。

現代では五月雨(ごがつあめ)は梅雨に入る前の五月頃に

時折降る雨を意味するようになっていますが、

本来はさみだれ梅雨のことを意味していたのです。

平安時代の古今和歌集と鎌倉時代の新古今和歌集に

五月雨(さみだれ)を季語にした歌が詠まれています。

五月雨に 物思ひをれば 郭公(ほととぎす)

夜深く鳴きて いづち行くらむ

古今和歌集 紀友則

時鳥(ほととぎす) 雲居のよそに 過ぎぬなり

晴れぬ思ひの 五月雨のころ

新古今和歌集 後鳥羽上皇

そして江戸時代の松尾芭蕉の俳句でも

五月雨を 集めてはやし 最上川

と詠われています。どちらも梅雨の時期の歌です。

その他気象用語の由来も解説

 五月晴れの五月とは

五月雨(さみだれ)と同じく「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉があります。

思わずゴールデンウィークの晴天を思い浮かべてしまいますが、実はこの五月も旧暦の五月のことです。

つまり、「五月晴れ」は梅雨の間のつかの間の晴れ間を意味しています。

時雨(しぐれ)とは

雨がひとしきり降って暫くすると直ぐに上がる気象現象のことを

時雨(しぐれ)と言います。

古語の「通り過ぐる」の「すぐる」が転じて「しぐれ」になったのです。

天気予報で「夕方に少し時雨れるでしょう」という表現を聞きますが、これは時雨が降るでしょうと言っているのです。

 

 

最後に

中国を起源として日本に伝わってきた梅雨という言葉を

「つゆ」と読むようになった由来は定かではないけれど、

古語で「さみだれ」と言われていた旧暦五月の長雨を

「つゆ」と読むようになった由来は、やはり日本の古語の

表現にあるのではないでしょうか?

「さみだれ」も「つゆ」も美しく優しい響きがあります。

古語の『ついゆ』が転じて「つゆ」になった…という説が

最も日本的で納得できるように感じるのですが、

どうでしょうかね?

スポンサードリンク

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする